賃貸物件の契約の流れや初期費用の目安

賃貸物件の契約の流れや初期費用の目安

賃貸物件の契約の流れや初期費用の目安

賃貸物件を契約する際には、必ず申し込み審査がおこなわれます。

 

不動産会社や保証会社による審査は、
入居申込書や保証会社申込書、手付金の支払いが終了してから開始されます。

 

審査では、入居申込者の支払い能力などが調べられます。
しかし、審査基準は各不動産屋や保証会社によっても違いがあります。
賃貸物件を契約する際には、万が一の家賃滞納に備えて、
連帯保証人が要求される場合も多いです。

 

審査では、申込者が総合的に判断され、各社の規定に沿って問題が無ければ契約に至ります。
審査の結果、入居を断られる場合には手付金が返金されます。

 

契約時には、本人確認の為に身分証明書が必要です。
また保証人が必要な場合は、保証人の印鑑証明や所得証明が3年分必要になる場合が多いです。
法人契約の場合は、3カ月以内の登記簿謄本や
法人印鑑証明書、連帯保証人の印鑑証明書などが必要となります。
また、それら以外にも各不動産会社や保証会社によって必要書類があります。

 

初期費用を準備しておく必要もあります。
初期費用の敷金、礼金、仲介手数料の目安は、合計して家賃の2カ月分から3カ月分になります。

 

また、保証会社への料金や消毒料、鍵交換料、火災保険料などの合計が
家賃の2カ月分から3カ月分必要です。

 

共益費と家賃は、2カ月分支払う場合が多いです。
初期費用として、これらの費用の総額が最低でも家賃の半年分程度必要になると言われています。
また、これら以外にも引越し費用や家具・家電の購入費用も必要です。
引越し費用は、単身者の場合は5万程度、夫婦や家族の場合は10万円程度が相場です。
また、家具・家電の購入費は1人暮らしを始める場合に10万円から20万円程度、
二人暮らしをはじめる場合は30万円から50万円程度になると言われています。

 

東京駅で貸し会議室といえばオフィス東京へ


ホーム RSS購読 サイトマップ