賃貸契約の費用や物件について

賃貸契約の費用や物件について

物件を予約するまでの流れ

賃貸物件を探す場合は、入居後に後悔しない為にもさまざまな点を検討します。

 

賃貸契約は初期費用が高額になる場合も多いですし、
長く住む事になるかもしれない住まいを選ぶので慎重になります。

 

しかし、不動産屋が人気物件で手付金が必要ですなど言ってきても、
あせらずしっかりっとさまざまな点を確認する必要があります。

 

また、不必要にあせらせる不動産屋は避けた方が良いかもしれません。
本当に人気物件なら、自然に契約済みとなっていきます。

 

確かに人気物件は、再度不動産屋に行った際に契約済みになっている場合も多いのは事実です。
自分で納得した場合にのみ、手付金を支払い予約しておくのも良いでしょう。

 

ご自分の契約条件をある程度決めてから、物件探しを開始するのが良い方法です。

 

内見して気に入った物件があった場合は、物件を抑える為に申込手続きをして手付金を支払います。
手付金は、他の方に物件を契約されてしまわない為に支払うお金の事です。

 

手付金は、家賃1カ月分が相場となっています。
申込手続きは入居申込ともいわれており、店頭やメール、FAXで申し込む事ができます。

 

また、同時に保証会社への申し込みも必要になる不動産屋が多いです。
保証会社とは、入居後に家賃の不払いなどがあった場合に家賃を支払う会社です。

 

その為、保証会社が入居申込の審査をおこないます。
申し込みの方法は各不動産屋によっても違いがありますので、しっかりと確認しましょう。

 

申込手続きと手付金の支払いが終了してから、審査がおこなわれます。
審査に通過しなかった場合は、手付金は返金されます。

 

 

初めての一人暮らし開始について

初めての一人暮らしを検討している方は、実際に入居するまでの流れを知っておきましょう。

 

まずは、賃貸物件や賃貸物件を探す不動産屋を選択します。
 

 

気に入った物件や賃貸物件を探す不動産屋が決定したら、
賃貸物件を扱う不動産屋を訪問します。

 

物件選びでは、すべての希望を満たす物件は少ないでしょう。

 

なぜなら、既に建っている物件から選ぶ事になりますので、
間取りや設備の変更ができません。
また、予算を優先させて選ぶ場合は築年数が古くなる場合も多いです。

 

物件を探す場合は、まず譲れない条件だけを決めておきます。
そうする事で、多くの賃貸物件のなかから
最適な賃貸物件を選択する可能性が高くなります。

 

物件を数件選んだ後は、希望する賃貸物件の内見に行きます。
気に入った賃貸物件が決定したら、入居申込をおこない手付金を支払います。
すると、不動産屋や保証会社によって審査がおこなわれます。
審査に通過した場合は、賃貸契約をかわします。

 

その後は、各種書類の提出や残金の支払いを済まします。
すると、鍵の受渡しがおこなわれ、入居となります。
支払いに関しては、不動産屋によって事前に必要になる場合もあります。

 

賃貸物件を契約して初めて一人暮らしをする方は、
自分一人で判断しなくてはいけない事が多くなっていきます。

 

炊事や洗濯、掃除などの負担も始まりますし、それらをこなしながら生活をしていく事になります。

 

また、お金や健康の管理も始まります。
また、隣人や地域住民に迷惑をかけないような生活を送る必要もあります。
一人暮らしを始めると生活費のやりくりが必要になりますが、
家や車などの大きな買い物の資金設計も立てやすくなっていきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ